書きたいことを書きたいだけ

書きたいことを書きたいだけ書くブログ

つまらなくはないんだけど…「クレヨンしんちゃん電撃!ブタのヒヅメ大作戦」感想

 決してつまらなくはなく、むしろ面白くて好きなんだけど、どうしてもあと一歩と感じてしまう。

 クレヨンしんちゃんの映画の中では(戦国大合戦までしか観てないけど)、「暗黒タマタマ大追跡」が最高傑作だと思っている。ストーリーも、ギャグの切れも、登場キャラも、奇跡的な完成度だと思う。

 「ブタのヒヅメ」の雰囲気は前作「タマタマ」に似ていて、その完成度と面白さを期待しながら観てしまう。それで本作の完成度も高いんだけど、やっぱり完璧な「タマタマ」には及ばない。するとその及ばないところがやたらと気になってしまうのだ。

 具体的にはまずギャグの間がワンテンポ遅かったり早かったりしていると感じる。言語化しにくいんだけど、「タマタマ」でひまわりを助けるために野原一家が青森から東京に移動するシーンと、本作で筋肉がトイレに行くのをみさえとひろしが阻止するシーンを比べてみて欲しい。両方とも急に劇画調の絵になって勢いで笑わせるシーンなんだけど、「タマタマ」の方が圧倒的に勢いがあって笑える。対して本作では違和感のある間があって、勢いが殺されている。

 キャラも前作に及ばないと感じる。「タマタマ」のローズ、ラベンダー、レモンは強くて頭も良いおかまという面白いキャラで好きだった。本作のアンジェラ青梅は、ローズ達とほぼ同系統のビジュアルなのに、特徴がほとんど語られず、魅力を感じなかった。

 ストーリーや演出ももう一声欲しい。例えばSMLの組織について。世界の平和を守る秘密組織のわりには、出てくるのはお色気と筋肉の二人だけで、スケールが小さく感じる。エヴァヤシマ作戦みたいなスケールの大きさを見せて欲しかった。

 ただ、最初に書いたけど、決してつまらなくはないです。特によかったのはしんちゃんが作った「ぶりぶりざえもんのぼうけん」というお話。ナンセンスで笑えて、しんちゃんワールド全開なのに、最後は普通に感動させられてしまった。おいろけはしんちゃんキャラの中では一番セクシーだと思うし、アクションもカッコいい。

 そして、やはり、塩沢さんの声はいい。